相続税の申告には期限があります

相続税の申告が必要かもしれないと思ったら、まずは早めにご相談されることをおススメします。

昨日の早朝の地震、ビックリしましたね。
最初にドシンと衝撃がきた時、
阪神淡路大震災のときのことを思い出しドキッとしました。
“相続税の申告には期限があります”の詳細は »

不動産の相続登記について

相続登記をする際、登記簿上の住所と、亡くなられた方の最後の住所が違う場合は、要注意です。

亡くなられた方が不動産をお持ちだった場合、相続登記を経て名義を相続人へ移転させることになります。
“不動産の相続登記について”の詳細は »

通常と違う相続で役立つ特別方式の遺言がる

相続において一般緊急時遺言 疾病その他の事由によって死亡の危急に迫ったひとが行う特別な遺言です。 

特別方式 ・・・・・一般緊急時遺言疾病その他の事由によって死亡の危急に迫ったひとが行う特別な遺言です。

民法では以下のように定められています。

第九百七十六条   【 死亡危急者の遺言 】
“通常と違う相続で役立つ特別方式の遺言がる”の詳細は »

普通にすべてを引き継ぐ以外の相続の承認の内容

単純承認と限定承認に日本の相続承認は分けられています。

相続人が被相続人の権利義務の承継を受諾することを相続の承認といいます。
単純承認と限定承認に日本の相続承認は分けられています。
単純承認・・・・相続により相続人が被相続人の権利義務を無限に承継するものです。
“普通にすべてを引き継ぐ以外の相続の承認の内容”の詳細は »

生命保険金は相続の対象の財産ではない

特定の相続人が死亡保険金の受取人に指定されているときは、遺産分割や遺留分算定の対象になりません。

生命保険は相続対策に有効な活用をすることができます。特定の相続人が死亡保険金の受取人に指定されているときは、遺産分割や遺留分算定の対象になりません。保険金受取人の固有の財産になります。
それから相続放棄をしていても、保険金は放棄をした人も受け取ることができるのです
“生命保険金は相続の対象の財産ではない”の詳細は »

相続の特定遺贈の注意点

受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる。

①受遺者=遺贈により相続財産を与えられた者について

★受遺者となる者は相続人・外国人であっても受遺者になることができる。
★法人・法人格がない団体(町内会・各種クラブや学会・宗教団体)
・国・県・市町村も受遺者となる。
★被相続人が死亡した時点で受遺者が胎児であった場合
胎児は既に生まれたものとみなされて遺贈を受けることが可能です
(民965・886)。
死産・流産の場合は遺贈は効力を生じない(民965、886Ⅱ)。
★相続開始時において設立中の法人に対する遺贈は、胎児に対する場合と
同様に遺贈できる。

●被相続人(遺言者)が死亡する前に、受遺者が死亡していた場合(同時に死亡した場合も同じ)や
受遺者が遺贈を受けるか否か不明な時点で死亡した場合

 

信託銀行の遺言の執行と手続き

リーズナブルな手数料とはいえませんが、相続全般のトラブル回避や、相談先として考えた場合には、利用価値がある人も出てくるでしょう。

実際に相続が発生すると、信託銀行が遺言執行者となり相続が実行されます。1:必要な律です。ただしもめごとが大きくなるような内容では受けてくれないこともあります。
実際に相続が発生すると、信託銀行が遺言執行者となり

相続が実行されます。
1:必要な財産目録の作成
2:遺産の管理
3:名義変更、遺産の分配、相続税の納付などの必要な手続きが行なわれます。

遺言信託を依頼したときの手数料は、各信託銀行により違いがありますが、目安として以下にあげておきます。

・契約時の手数料  約5~10万円
・遺言書の保管料  年間約7,000円~1万円
・遺言書の内容変更手数料  約5万円
・遺言執行の報酬
最低報酬が約100万円で、相続財産の0.5%~2%程度
(相続財産の額によって変わってきます。)

・その他に、公正証書遺言書作成費用、
不動産登記簿謄本・戸籍謄本などの請求費用が発生します。
このように、決してリーズナブルな手数料とはいえませんが、相続全般のトラブル回避や相談先として考えた場合には、利用価値がある人も出てくるでしょう。

遺言の執行を引き受けない代わりに料金を低額にしたメニューも提供しています。
遺言の執行を行う場合は、遺相続税評価額の2.1%(ただし最低105万円)
などと設定されているため、安価でお願いできるとは言えません。
これは信託法という法律に基づいて管理されるもので信託(契約、遺言、または一定の事項を記載した書面等による意思表示により、
特定の者(受託者)が一定の目的に従って、財産の管理または処分およびその他の当該目的の達成のために必要な行為をすべきものとすることについて規定する法律です。
ただしもめごとが大きくなるような内容では受けてくれないこともあります。

相続と譲渡所得をしって計算を正確にする

相続した財産がほとんど不動産で、相続税を支払う資金がない場合はいずれかの方法を選ぶことができます。

譲渡所得税と住民税

●短期譲渡所得・・・・所得税30%+住民税9%

●長期譲渡取得・・・・所得税15%+住民税5%

軽減税率

譲渡所得 6000万円まで  所得税10%+住民税4%
譲渡所得 6000万円超え  所得税15%+住民税5%

納税方法を工夫する

相続税は金銭による一括納付ですが、困難な場合は延納が
認められます。
“相続と譲渡所得をしって計算を正確にする”の詳細は »

複雑な相続時にする課税の精算制度です

「相続時精算課税」は、その後の親からの贈与を全て相続税対象とする制度です。

贈与時に贈与税があれば、その贈与額を控除して
納税するという制度のことです。

この内容については次の用に定められています。

○財産を贈与した人(贈与者)が65歳以上であること

○財産の贈与を受けた人(受贈者)が20歳以上の子である
(推定相続人)こと、また子がなくなっているときには
20歳以上の孫を含む。この年齢は贈与の年の1月1日現在のもの。
“複雑な相続時にする課税の精算制度です”の詳細は »

相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握

借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。

故人が会社経営者で葬式を社葬にした場合には、社葬の費用は会社が支払いますので損金扱いとして算入することができます。ただし、葬式の際に受け取った香典は利益金として課税対象となります。
では、借金に関する控除について見てみましょう。
基本的に、借金に関しては、相続人が弁済するものはすべて控除の対象となります。金融機関から借り入れている住宅ローンやクレジットカードなどの未払い金なども該当します。
“相続と借金や葬儀費用の扱いの決まりを把握”の詳細は »

« 過去の記事